Submit a News Story Submit an Event

Khronos Group News Archives

クロノス・グループ、へテロジニアス並列プログラミング向けにOpenCL 2.1ならびにSPIR-V 1.0を発表

SPIR-Vインターメディエイト言語はOpenCL 2.1ならびにVulkan APIの中核機能であり、オープンソースがコンピュテーション言語やフレームワークでのSPIR-Vの使用を促す

業界を代表するハードウェア/ソフトウェア企業から構成されるオープン・コンソーシアムのクロノス・グループは、ヘテロジニアス並列コンピュテーション向けOpenCL ™2.1ならびにSPIR-V™ 1.0の批准と、一般公開を発表しました。新しいSPIR-VクロスAPIインターメディエイト言語の公開は、OpenCL 2.1の普及をより保証するものです。クロノスは、並列コンピュテーション言語とフレームワーク開発のため、強力なランタイム機能の、より広範囲での使用を保証するため、OpenCL 1.2と2.0をはじめ、今後公開予定のVulkan™グラフィックスAPIにおけるSPIR-Vの使用を可能とする、オープンソース・ユーティリティやエクステンションを公開しています。OpenCL 2.1暫定仕様として公開されていたOpenCL C++カーネル言語は仕様が確定し、SPIR-Vランタイム実行用として公開されました。OpenCL 2.1ならびにSPIR-VはクロノスのWebサイトからダウンロード入手いただけます(www.khronos.org/opencl/  www.khronos.org/spir/)。

クロノスが仕様策定したインターメディエイト言語のSPIR-Vは、グラフィックス・シェーダーならびにコンピュテーショナル・カーネル向けの、ユニークかつネイティブなサポートを行います。コンパイラの対象に適格に準備されたSPIR-Vは、グラフィックスやコンピュートを集中的に使用する環境でのコンパイラ・チェーンの分割を可能とし、高レベル言語とフレームワークのフロントエンドは、VulkanならびにOpenCLドライバによって効果的に実行されるよう、プログラムを行うことができます。ビルトインされた高レベル言語ソース・コンパイラの要求を消去することは、GPUドライバの複雑性を劇的に削減し、言語フロントエンドの多様性を促します。さらに、標準化されたインターメディエイト言語は、カーネルIPプロテクションの測定、カーネルのローディング時間の加速、デベロッパに共通の言語フロンとエンドの使用を可能とし、複数のランタイム・インプリメンテーション上でカーネルの信頼性やポータビリティを改善します。

クロノス・グループ代表で、NVIDIAでバイス・プレジデントを務めるNeil Trevettは次のコメントを発表しています。「VulkanやOpenCLでSPIR-Vを使用することは、最適化されたバック・エンド・ドライバでハードウェア・コミュニティの投資を実行する、多様な言語やミドルウェア・フロントエンドの提供を可能とし、グラフィックスならびにコンピュート・エコシステムを新たなものとする基本となるでしょう。OpenCL 2.1はSPIR-Vの能力を、2016年中ごろの仕様完成を目指してOpenCL++カーネル言語の作業中も、デベロッパに提供することになるでしょう。」

クロノスは、OpenCL 2.1ならびにSPIR-Vの発表と同時に、SPIR-Vの使用を促進するためにGitHubにおける数多くのオープンソースを発表しました。

  • ツールチェーンでのLLVMとSPIR-Vインターメディエイト言語同士の柔軟な使用を可能とする、バイ・ダイレクト・トランスレータ
  • バイ・ダイレクト・トランスレータ経由でSPIR-Vを生成するOpenCLとLLVMコンパイラ
  • SPIR-Vアセンブラ、ディ・アセンブラ

すでに、オープンソース・コミュニティがSPIR-Vを積極的に活用しており、これらのオープンソース・プロジェクトはこちらからご覧いただけます(https://www.khronos.org/spir/resources)。

また、SPIR-V 1.0をサポートするために、OpenCL 2.1はOpenCL APIに次の拡張機能を提供します。

  • ハードウェア・スレッドのより詳細なグレイン・コントロールを可能とするサブグループと、増大するフレキシビリティの要求に対するサブグループ・クエリー・オペレーション
  • clクローンカーネルは、ラッパクラスでのコピー・コンストラクタの安全なインプリメンテーションのために、カーネル・オブジェクトとステートの複製を可能
  • ロー・レーテンシー・デバイス・タイマーは、デバイスとホスト・コード間データ・プロファイルのアライメントをより詳細に実行可能

OpenCL 2.1ならびにSPIR-V 1.0に対する業界のサポート
「AMDは、コア・コンポーネントとしてインターメディエイト言語を標準搭載したOpenCL™の登場に感動を覚えます。私たちは、この登場がOpenCL対応デバイスのコンピュート能力を完全に引き出すことができる高レベルなプログラミング言語に、より多くの革新をもたらすきっかけだと確信しています。私たちは、業界に対する真の進歩である、コンピュートならびにグラフィックス両コミュニティをサポートする標準の策定努力を賞賛します。」(Greg Stoner氏、AMDシニア・ディレクタ)

「私たちはSPIR-VとOpenCL 2.1の進化に係わっていることにとても喜んでいます。この発表は、シングルソースのC++プログラミング向けクロノスSYCLがOpenCL 2.1対応プラットフォームで使用可能となるため、C++アプリケーション・デベロッパに恩恵をもたらします。」(Andrew Richards氏、Codeplay CEO)

「限られたコンピュート関連予算の中で、より高いコンピュート性能を引き出すことは、組込み/モバイルシステムの機能やアプリケーションにとってとても重要です。ヘテロジニアス・コンピュートは、この問題解決に効果的な手段として注目を集めており、イマジネーション社はクロノスがOpenCL 2.1ならびにSPIR-V 1.0の仕様策的に直接関与していることをうれしく思います。GPUコンピュートは、大規模な並列パワー・アクセラレーションの根幹であり、これらの新しい仕様が広範囲のプラットフォーム上のアプリケーションのより迅速な開発を支援すると期待しています。」(Peter McGuiness氏、Imagination Technologiesマルチメディアテクノロジー担当ディレクタ)

「Mobicaは、クロノスが発表したグラフィックスならびに並列コンピューティング分野の仕様策定を歓迎します。コアのインターメディエイト言語としてSPIR-V 1.0を使用するためにOpenCL 2.1とVulkanを共に活用することは、グラフィックスならびに並列コンピューティング業界にとっては素晴らしいニュースです。」(Jim Carroll氏、Mobica CTO)

スーパーコンピューティング2015におけるOpenCL
11月15日〜20にテキサス州オースティンで開催される、「スーパーコンピューティング2015」でのOpenCL関連イベントをご紹介します。

OpenCLブース #285
ブースでは、OpenCL、SYCLならびにSPIRに関する技術情報を提供しています。ブースでOpenCL、SPIR™のステッカー、OpenCL 2.1ならびにSYCLの無料リファレンスカードを配布しています。
チュートリアル「ヘテロジニアス・コンピューティングのためのポータブル。プログラム: ハンズオン」
11月16日(月)、8:30am – 5:00pm (会場: 17B)受講者が自身のPC(Windows、LinuxまたはOS/X)を使用して講義と実践を受けることができます。詳細はこちらをご覧ください。
http://sc15.supercomputing.org/schedule/event_detail?evid=tut124
OpenCL BOF「多様なOpenCLエコシステムの体験」
11月18日(水)、5:30 – 7:00pm (会場: 17AB)
OpenCLのコミュニティはますます大きくなっています。このセッションでは今回発表した最新のAPIであるOpenCL 2.1ならびにSPIR-V 1.0、SYCL 1.2のご紹介を行います。参加者は会場内に展示されるAltera、AMD、Codeplay Software、Intel、Xilinx各社の製品を通して、OpenCLを体験することができます。詳細はこちらをご覧ください。
http://sc15.supercomputing.org/schedule/event_detail?evid=bof142

Khronos Groupについて
The Khronos Groupは、さまざまなプラットフォームやデバイス上で並列コンピューティング、グラフィックス、ビジョン、センサー・プロセッシング、ダイナミック・メディアのオーサリング及び高速化を可能とする、オープンな業界標準の仕様策定を行うコンソーシアムです。クロノスが仕様策定する業界標準にはVulkan™, OpenGL®, OpenGL® ES, WebGL™, OpenCL™, SPIR™, SPIR-V™, SYCL™, WebCL™, OpenVX™, EGL™, COLLADA™, glTF™があります。クロノスの会員は各仕様の策定作業に参画し、一般公開前のさまざまな過程で仕様策定に関する投票を行うことができるほか、仕様のドラフトへのアーリーアクセスならびにコンフォーマンス・テストを通して、自身のプラットフォームやアプリケーション開発の期間短縮や機能強化に役立てることができます。詳細情報はWebサイトで公開されています(www.khronos.org)。

###

Khronos, Vulkan, DevU, SPIR, SPIR-V, SYCL, WebGL, WebCL, COLLADA, OpenKODE, OpenVG, OpenVX, EGL, glTF, OpenKCAM, StreamInput, OpenWF, OpenSL ES and OpenMAX are trademarks of the Khronos Group Inc. ASTC is a trademark of ARM Holdings PLC, OpenCL is a trademark of Apple Inc. and OpenGL is a registered trademark and the OpenGL ES and OpenGL SC logos are trademarks of Silicon Graphics International used under license by Khronos. All other product names, trademarks, and/or company names are used solely for identification and belong to their respective owners.

メディアの方のお問い合わせ先
ミアキス・アソシエイツ 河西(かさい)
.(JavaScript must be enabled to view this email address)

記事掲載時のご掲載
クロノス・グループ
www.khronos.org

以上

詳しく