クロス・プラットフォーム、ポータブル、バーチャル・リアリティ

今まで、クロノスVRイニシアティブと称してきたOpenXR™ワーキング・グループは、幅広い産業界からサポートを受けており、VR並びにARアプリケーション及びデバイス向けのロイヤルティ無料標準の策定に取り組んでいます。皆さまの企業がこの業界標準の策定作業にご助言をくださるようでしたら、ぜひクロノス・グループに参画され、産業を代表する他の会員企業とともに、策定作業にご参加ください。OpenXRについて詳しく

クロノス・グループ、SPIR-V機能を搭載した「OpenGL® 4.6」を発表

   業界を代表するハードウェア/ソフトウェア企業から構成される、オープン・コンソーシアムのクロノス・グループは(以下、クロノス)は、SIGGRAPH 2017にて「OpenGL®4.6」を発表しました。 OpenGL 4.6は、クロノスの会員企業であるAMD、Intel、NVIDIAによって作成されたARBおよびEXT拡張機能を、SPIR-V™シェーダを取り込む機能を含むコアに統合しています。SPIR-Vは、クロノスが仕様策定した並列計算およびグラフィックスの中間言語であり、コンテンツ制作者はシェーダのオーサリングおよび管理パイプラインを簡素化し、ソース・シェーディング言語の柔軟性を大幅に高めることができます。OpenGL 4.6では、コア仕様にSPIR-Vシェーダを取り込むためのサポートが追加されており、SPIR-VシェーダがOpenGL実装で広くサポートされることが保証されています。   詳しく

クロノス・グループ、SIGGRAPH 2017

   業界を代表する、ハードウェア/ソフトウェア企業から構成されるオープン・コンソーシアムのクロノス・グループ(以下: クロノス)は、ACM(米コンピュータ学会)分科会が主催する国際会議・展示会「SIGGRAPH 2017」(会期: 2017年7月30日~8月3日、会場: ロサンゼルス・コンベンション・センター)に参加します。   詳しく

クロノス・グループ、「glTF 2.0」を発表

   世界有数のハードウェアおよびソフトウェア企業からなるオープンコンソーシアムのKhronos™ Group(以下、クロノス)は、Web3D 2017カンファレンスにおいて、GitHub上で評価可能な暫定仕様に対する、業界デベロッパからのフェードバックを反映させた、即時利用可能なglTF 2.0仕様を発表しました。    詳しく

クロノス・グループ OpenCL™ 2.2およびSPIR-V 1.2を同時発表

   世界有数のハードウェアおよびソフトウェア企業からなるオープンコンソーシアムのKhronos™ Group(以下、クロノス)は、仕様レビュー期間中にデベロッパーからの意見を取り入れた、即時利用可能な「OpenCL™ 2.2」を発表しました。クロノスとしては初めて、完成版としての仕様公開のみならずOpenCL™ 2.2の仕様及びコンフォーマンス・テストの完全版ソース・コードを、コミュニティの関与を深めるためにGitHubにて公開しました。OpenCL™ 1.2/2.0/2.1のコンフォーマンス・テストもGitHub上で公開され、クロノスは今後も同様のオープン・ソース公開を進めます。    詳しく

クロノス・グループ、クロス・プラットフォームにおける高電力効率コンピュータ・ビジョン処理の高速化向けを可能とする「OpenVX 1.2」を発表

   2017年5月1日(米国時間)、世界有数のハードウェアおよびソフトウェア企業からなるオープン・コンソーシアムのKhronos™ Group(以下、クロノス)は、クロス・プラットフォームのコンピュータ・ビジョン・アプリケーションおよびライブラリの高速化に向けた、即時利用可能な「OpenV™ 1.2」を発表しました。OpenVXは、リアルタイムのモバイルおよび組込みプラットフォームを対象とした、高抽象度のグラフ理論型APIです。このオープンソースのクロス・プラットフォーム対応ロイヤルティ・フリー標準規格により、顔・体・ジェスチャのトラッキングや高度な映像監視、自動運転支援システム、目視検査、ロボティクス等のコンピュータ・ビジョン・アプリケーションにおいて、高度な性能移植性と消費電力の最適化が実現します。OpenVX 1.2は、条件付き実行や特徴検出、クラシフィケーション等、演算機能が大幅に拡張されています。   詳しく

ケイデンスのテンシリカVision PシリーズDSPが業界初のOpenVX 1.1準拠DSPとしてKhronos Groupにより認定

   ケイデンス・デザイン・システムズ社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ市、以下、ケイデンス)は、4月20日(米国現地時間) 、テンシリカVision PシリーズDSPが、イメージング/ビジョンDSPとして業界で初めてKhronos™ GroupのOpenVX™ 1.1仕様の規格適合試験に合格したことを発表しました。 これによりアプリケーションエンジニアは、ハードウェアのアーキテクチャに関する詳細な知識がなくてもテンシリカ Vision P5/P6の機能を活用し、高いパフォーマンスを得ることができます。さらに、モバイル、オートモーティブ、ドローン、セキュリティ、AR/VR等の様々なマーケットで使われるアプリケーションプロセッサに採用されているテンシリカ Vision PシリーズDSP上で、コンピュータビジョンやイメージングアプリケーションを早期に開発することができるようになります。<詳しく>   詳しく

ニュース・アーカイブ Submit a News Story Submit an Event

2017 CEDEC

This session will provide the latest updates on the open standards from the Khronos Group that are enabling advanced, cross-platform 3D Gaming and Virtual Reality. Vulkan® is a new generation API for advanced access to GPUs that is enabling developers to create new classes of gaming and virtual reality experiences. Vulkan gives direct access to the GPU for developers who want the ultimate in control through a simpler, thinner driver with less latency and overhead than traditional OpenGL® or Direct3D. OpenXR™ is an open standard being developed for portable Virtual Reality and Augmented Reality apps and devices - combating industry fragmentation.

クロノスご紹介

Event Archives