クロノス・グループとAu-Zone Technologies、NNEF向けオープンソースTensorFlowとCaffe2コンバータを共同開発

業界を代表するハードウェア/ソフトウェア企業から構成される、オープン・コンソーシアムのクロノス・グループは(以下、クロノス)は、Au-Zone Technologiesと連携して、NNEF™(Neural Network Exchange Format)ファイルを、主要な機械学習トレーニングフレームワークで簡単に利用できるようにする取り組みを行っていると発表しました。NNEFによって、多様なデバイスやプラットフォームのハードウェア推論エンジンに、トレーニング済みのニューラルネットワークを最適化して取り込むことが可能になります。Au-Zoneは、クロノスのNNEFワーキング・グループと共同で、2つの専用双方向コンバータをTensorFlowとNNEF間、またCaffe2とNNEF間に実装しています。いずれのコンバータも、2018年第3四半期に、Apache 2.0ライセンスの下でオープンソースプロジェクトとして発表される予定です

Au-Zoneでプレジデントを務めるBrad Scott氏は、次のように述べています。「当社は、クロノス・グループと連携してNNEFコンバータプロジェクトに取り組み、コミュニティに貢献できる機会が得られることを、大変喜んでいます。NNEFコンバータをオープンソースプロジェクトとして提供することで、導入が促進され、協力者も増え、CNNモデルのポータビリティが大きく向上すると考えられます。またお客様のニーズに応えるために、DeepView MLツールキットにNNEFのインポート/エクスポート機能を追加します。それによって開発者は、好みのトレーニングフレームワークを利用して、x86およびCortex-AベースのCPU、Cortex-M MCU、OpenCL™がサポートされたGPU、独自のNNコンピューティングエンジンなどの多様な組み込みプロセッサにトレーニングモデルを直接導入し、プロファイリングと最適化を行うことが可能です」

NNEFワーキング・グループでチェアを務めるPeter McGuinness氏は、次のようにコメントしています。「クロノスのNNEFワーキング・グループは、Au-Zoneと緊密に連携できることを喜んでいます。主要な機械学習トレーニングフレームワークについてNNEFエクスポータを拡大することで、組み込み推論エンジン向けのニューラルネットワークのトレーニングについて、選択肢が広がります。これはすべて、機械学習導入の断片化を低減するための、私たちの継続的な取り組みが実を結んだものです」

またNNEFとOpenVX™の各ワーキング・グループは、クロノスとの緊密な連携の下で、OpenVXカーネルインポート拡張機能を使用し、オープンソースのインポータを開発して、NNEFファイルの取り組みと実行を可能にしています。OpenVXニューラルネットワーク拡張機能により、OpenVXがクロスプラットフォームの推論エンジンとして動作することで、コンピュータビジョンとディープラーニング処理が1つのグラフに記述され、高度に最適化されたハードウェアアクセラレーションが実現します。さらに、最終的なNNEF 1.0仕様が本年中に発表予定であると同時に、クロノスはNNEFを取り込むオープンソースソフトウェアをAndroid NNAPI推論スタックに組み込む予定です。

Au-Zoneは、今週米サンタクララで開催される「Embedded Vision Summit 2018」のテクノロジー展示(ブース番号: 802)で、DeepView ML ツールキットとRunTime推論エンジンを使用して、組み込み対象に事前にトレーニングを実施したTensorFlowモデルを導入する方法を示す、エンドツーエンドのソリューションの展示を行っています。またクロノスは5月24日(木)午前9:00~午後5:00に、Embedded Vision Summitでニューラルネットワークと組み込みビジョンに関するワークショップを開催します。このワークショップでは、NNEFベースのニューラルネットワーク推論ワークフローに焦点を当てた、新しいカリキュラムも用意されています。NNEFとOpenVXの各ワーキング・グループの担当者とAu-Zoneが出席し、質問に答えます。ワークショップでは実践的なインタラクティブセッションを通じて、参加者がクロノスの基準を使用して現実世界のコンピュータビジョンとニューラルネットワークの問題を解決する方法を学習できます。

現在、カンファレンスの参加登録が可能であり、https://www.embedded-vision.com/summit/registerにアクセスして、Vision Technology Workshop Pass - Khronos Group(W-KRG)を選択してください。NNEF 1.0の暫定的な仕様およびドキュメントは、クロノスのWebサイトで無料提供されています。またNNEFオープンソースツールおよびプロジェクトは、クロノスNNEFツールリポジトリから入手できます。クロノス・グループの詳細については、Khronos.orgをご覧ください。

Khronos Group(クロノス・グループ)について

The Khronos Groupは、さまざまなプラットフォームやデバイス上で並列コンピューティング、グラフィックス、ビジョン、センサー・プロセッシング、ダイナミック・メディアのオーサリング及び高速化を可能とする、オープンな業界標準の仕様策定を行うコンソーシアムです。クロノスが仕様策定する業界標準にはVulkan®、OpenGL®、OpenGL®ES、OpenGL®SC、WebGL™、SPIR-V™、OpenCL™、SYCL™、OpenVX™、NNEF™、COLLADA™、OpenXR™、glTF™などがあります。クロノスの会員は各仕様の策定作業に参画し、一般公開前のさまざまな過程で仕様策定に関する投票を行うことができるほか、仕様のドラフトへのアーリーアクセスならびにコンフォーマンス・テストを通して、自身のプラットフォームやアプリケーション開発の期間短縮や機能強化に役立てることができます。詳細情報はWebサイトで公開されています(www.khronos.org/)。

Au-Zone Technologiesについて

Au-Zoneは開発用ツールのリーディングプロバイダーであり、組み込みビジョン製品の設計に使用できるIPを実現しています。Au-Zoneのアーキテクチャに依存しないソリューション(eCV SDK™およびDeepView ML™ツールキット)を使用することで、機械学習ソリューションと新しい畳み込みニューラルネットワークを迅速に開発し、広範なハードウェアプラットフォームに安全に導入することが可能になります。Au-Zoneは製品開発サービスとエンジニアリングコンサルティング活動を通じて、お客様の新たなビジョンを実現する製品の設計に伴う、開発コスト削減、プログラムのリスク低減、収益実現までの期間短縮をサポートします。当社はエコシステムパートナーとして開発用ツール、設計サービス、関連IP を提供することで、テクノロジーベンダーが市場機会を拡大し、顧客のニーズに応えられるように支援します。Au-Zoneの詳細については以下をご覧ください。

https://www.embeddedml.com
https://twitter.com/au_zone
https://www.linkedin.com/company/au-zone-technologies/

###

Vulkan is a registered trademark of The Khronos Group. Khronos, OpenXR, DevU, SPIR, SPIR-V, SYCL, WebGL, WebCL, COLLADA, OpenKODE, OpenVG, OpenVX, EGL, glTF, OpenKCAM, StreamInput, OpenWF, OpenSL ES, NNEF and OpenMAX are trademarks of the Khronos Group Inc. OpenCL is a trademark of Apple Inc. and OpenGL is a registered trademark and the OpenGL ES and OpenGL SC logos are trademarks of Hewlett Packard Enterprise used under license by Khronos. All other product names, trademarks, and/or company names are used solely for identification and belong to their respective owners.

クロノス・グループ、Vulkan 1.1を発表

改善されたデベロッパ・ツール、広範にわたる業界での採用、進化した機能性能に対応する新仕様と共に成長するVulkanエコシステムの勢いは継続

業界を代表するハードウェア/ソフトウェア企業から構成される、オープン・コンソーシアムのクロノス・グループは(以下、クロノス)は、Vulkan® 1.1 ならびにSPIR-V 1.3を公開したと発表しました。Vulkan 1.1は、バージョン1.0の広範にわたるエクステンションを統合しながら、サブグループ・オペレーション(Subgroup Operation)といったデベロッパから要求された機能を追加した、Vuklanのコア機能を拡張しています。また、クロノスは同時に、Vulkan 1.1の完全なコンフォーマンス・テストのオープンソースでの公開を行ったほか、AMD、Arm、Imagination、Intel Corporation、NVIDIA 及び Qualcommの各社がVulkan 1.1ドライバのコンフォーマンス・テスト認証に合格したことを発表しました。Vulkan 1.1並びに関連する認証テスト・ツールに関する詳細は、クロノスのVulkan Resource Pageをご参照ください。

Armのグラフィックス・リサーチ担当ディレクタでVulkanワーキング・グループ・チェアを務めるトム・オルソンは、今回の発表について次のようにコメントしています。「クロノスは、より拡張されたデベロッパ・ツール、厳格なコンフォーマンス・テスト、パブリックとなったVulkanエコシステムによって、完全かつ魅力にあふれたVulkanエコシステムを開発するという目標に取り組んでいます。Vulkan 1.1は、より優先度の高い産業界の要求に応え、デベロッパのニーズに配慮した機能ロードマップの提供を約束するものです」

Vulkan 1.1は、GPUアクセラレーション上の明確なコントロールを行う、新世代かつクロスプラットフォーム標準に対する、業界の勢いをより加速させるものです。Vulkanは現在、Windows 7、8.X、10、Android 7.0+、Linuxをはじめ、先日発表したVulkan 1.0アプリケーションをmacOS and iOSにポーティング可能とするオープンソース・ツールを含む、ほとんどすべてのGPU対応プラットフォームをサポートしています。Vulkanは、Unreal、Unity、Source 2 from Valve、id Tech、CroTeam’s Serious Engine、CryEngine、Xenkoといった、業界をリードする多くのゲームエンジンがサポートしているほか、Doom, Quake, Roblox, The Talos Principle, Dota 2をはじめ、Wolfenstein II やDoom VFRといった、AAAタイトルで独占的に使用されるAPIとして、広範なデスクトップ/モバイル・プラットフォームで動作する、30以上の最先端ゲームに使用されています。

Vulkan 1.1の新機能には、GPU上で平行して動作する複数タスク間のデータを極めて効率よくシェアし、マニピュレーション可能とする、「サブグループ・オペレーション」が含まれます。また、Vulkan 1.1には、安全なプレイパックや保護されたマルチメディア・コンテンツの表示といった、アクセスまたコピーできないリソースを使用しながらのレンダリングや表示オペレーションをするためのアプリケーションを可能とします。

さらに、広範囲に及ぶVulkan 1.0エクステンションが統合されることで、複数のイメージ・ビューの同時レンダリング、単一システム内での複数GPUの使用、バーチャル・リアリティ(VR)といった要求の厳しいアプリケーションで使用される、先進レンダリング及び機能向けクロス・プロセスAPIインターオペラビリティを含む機能を、Vulkan 1.1にもたらします。これらの中心的な機能には、16ビットメモリ・アクセス対応先進コンピュート、HLSLメモリ・レイアウト、多くのビデオ・コーデックで制作されるYCbCrカラー・フォーマット・テクスチャを通した、ビデオ・ストリームの表示・プロセス・コンポジット・サポートが含まれます。

クロノスはVulkan 1.1と共に、サブグループ・オペレーションをサポートし、拡張されたコンパイラ最適化を可能とするVulkanシェーダ中間表現機能を拡大する、新SPIR-V 1.3を発表しました。SPIR-Vツール・エコシステムは、GLSL及びHLSL双方のフロントエンド・コンパイラと共に、オープンソースであるSPIRV-Tools projectからのローレベル・ツール・サポートを拡大します。

Googleのシェーダー・コンパイラ担当リーダーで、SPIRワーキング・グループ・チェアを務めるデヴィッド・ネトは、今回の発表について、次のようにコメントしています。「私たちは、デベロッパが取り組んだSPIR-V IRの進捗を大変うれしく思います。デベロッパは、彼らのゲームやアプリケーションを販売するために、自身が選ぶシェーダ言語やさまざまなオープンソース・コンパイラを使用しています。Vulkanツールとエコシステムは、急速に進化しています」

迅速なレイヤー開発を可能とするVulkan Layer Factory (VLF)や、実際の物理的なハードウェアを必要とせずに、対象となるデバイス機能をシミュレーションするDevice Simulation Layer、デベロッパに最善の学習と最も可能性の高いアプリケーション課題に導くAssistant Layerといった、Vulkan 1.1をサポートするためにアップグレードされたLunarG Vulkan SDK ならびにtools layersなど、オープンソースであるVulkan開発ツールは、Vulkanと共に進化し続けています。さらに、RenderDocフレーム・キャプチャやイントロスぺクション・デバッグ・ツールはクロノス会員企業の支援によって、Android上での完全なネイティブVulkanのサポートが可能となったほか、SPIR-VツールやSPIRV-Cross cross compilerによる高レベル言語を使用した、SPIR-Vディスアセンブリ・サポートが改善されました。RenderDocは、ネイティブ・ディスアセンブリや情報のプロファイリングをベンダ向けに公開および、現在Vulkan 1.1のコア部分を形成する外部メモリ機能をサポートするためにアップグレートされました。

Vulkanエコシステムの協力的な進化をより強固なものとするために、クロノスは情報や様ざまな機会を共有し、協力的なソリューションを調整するために、パブリックなVulkan Ecosystem Forumを開設しました。このフォーラムの目的は、デベロッパからのフィードバックに対応し、クロスファンクション的なディスカッションを育成し、ユーザ、ツール・デベロッパ及びAPIデザイナ間のエンゲージメントを築くことです。多くの皆さまがVulkan Ecosystem on GitHubで、会話に参加されることを希望しています。

Vulkan 1.1の業界サポートコメント

AMD ソフトウェア担当コーポレート・バイスプレジデン、Andrej Zdravkovic氏

「AMDはVulkan 1.1仕様の公開を大変喜んでいます。この新しい業界標準の発表は、強力な基盤を基づいており、デベロッパがAPIにアクセスしやすくすることで、その範囲を広げています。コンピューティングシェーダのサブグループアクセスなどといった新しいVulkan 1.1の機能は、コンソールライクな最適化を可能にし、デベロッパがこれまで以上にGPUをコントロールできるようにします。また、Vulkanは相互運用をサポートして他のAPIとの接続性を強化し、最終的にマルチGPUおよびVRシステムに対する業界最高クラスのサポートを可能にします。 AMDはこのAPIの大幅なアップグレードは、既存のVulkanコミュニティに受け入れられ、ユーザーベースを拡大し続けると考えています」

Codeplay Software CEO、Andrew Richards氏

「Vulkan 1.1の新機能が、Vulkanに大きな変革をもたらしています。特に、新しいサブグループ機能は、低消費電力、高性能のディープラーニング作業に大きな違いをもたらすでしょう」

Continental グラフィックシステム/3Dビジュアライゼーション担当主任エンジニア、Ulrich Kabatek博士「Continentalは、Vulkanによるグラフィックス技術の前進が可能となっていることをとてもうれしく思います。私たちは、Vulkanが提供する車載クラスタの拡張など、より統合された自動車システムやレイテンシクリティカルなアプリケーション向けの改善に感謝しています」

Imagination PowerVRマーケティング担当バイスプレジデント、Graham Deacon氏

「Vulkan APIの主要な貢献者として、ImaginationはVulkan 1.1のAPIの次の進化を喜んでいます。新仕様はGPUの並列性の活用や、保護されたコンテンツをサポートする新しい方法を提供し、VR CinemaのようなVulkanの高度なビデオ処理を可能にします。私たちは、既存のVulkan対応GPU IPすべてが、新1.1仕様をサポートするVulkanに準拠した最初のベンダーの一員です。新しいサブグループと保護されたコンテンツ機能は、多くの新しいコアで完全に利用可能です」

Intel Corporation オープンソーステクノロジーセンター担当バイスプレジデント兼副ゼネラルマネージャ、Imad Sousou氏

「インテルは、高性能グラフィックスのためのオープンソースドライバの進歩を約束しています。 Vulkan 1.1は最新の4世代のインテル®Core™プロセッサ上での認証を取得しており、バーチャルおよびミックス・リアリティのサポートをさらに発展させています」 

NVIDIA ソフトウェアエンジニアリンク担当シニア・バイスプレジデント、Dwight Diercks氏

「Vulkanは、デベロッパが幅広いプラットフォームでGPUを最大限に活用できるようにするために、NVIDIAのビジネスにとって不可欠です。 完全なサブグループ機能を備えた当社のVulkan 1.1ドライバは、Vulkan 1.1.の公開日からWindows、Linux、およびAndroidで使用できます。 私たちは、Vulkanがデベロッパや幅広い業界のニーズを満たすためにクロノス内で引き続きリーダーシップを発揮していきます」

Samsung Electronics グラフィックス担当バイスプレジデント、Kim Taeyong氏

「Vulkanは、多くのGalaxyデバイスで使用されているTencentによるHonor of Kingsのような偉大なタイトルが、モバイルでの機能を最大限に活用し、高品質のゲーム実現を可能としています。Vulkan 1.1はこれらに加えて、VRゲームやビデオの機能を追加し、モバイル製品やVRヘッドセットに臨場感あふれるコンテンツ提供を可能とするでしょう」

StreamHPC マネージングディレクタ、Vincent Hindriksen氏

「Vulkan 1.1とSPIR-V 1.3は、サブグループ、16ビットナンバー、制限付きのポインタ形式を追加しているため、計算をより良くサポートする、重要な一歩となりました。これらを、Vulkan向けに最近導入された移植性プロジェクトの強力な業界サポートに追加することで、より多くのタイプのコンピューティングカーネルをより多くのプラットフォームで実行できるようになります」

 UX3D ファウンダー、Norbert Nopper氏

「私たちのような非ゲームビジネスにおいても、Vulkan 1.1が成功の鍵を握っています。デフォルトで複数のGPUと同時レンダリングを利用することで、エンジンをさらに最適化することができますからです」

VeriSilicon エグゼクティブ・バイスプレジデント兼VeriSlicon IP部門ゼネラルマネージャ、Wei-Jin Dai氏

「VeriSiliconは、最新の業界標準の低レベルGPU API Vulkan 1.1を採用し、当社のOpenGL ES 3.1 / 3.2クラスのGPUでVulkan 1.1をサポートすることをお約束します。私たちは、Vulkan 1.1 APIの新機能、マルチGPUサポート、プレミアムコンテンツ保護、高度なコンピューティング機能などが、新世代のVulkanアプリケーションの大きな可能性を引き出せることを、大変うれしく思います。 特に、私たちはVulkan 1.1が自動車業界の顧客に対して、グラフィックスのサービス品質と高度に要求の高いセキュリティレベルと機能を細かく制御できるようになることに、大変注目しています」

詳細情報はこちらをご参照ください。

Vulkan(https://www.khronos.org/vulkan/

クロノスのすべてのオープンソース・プロジェクト(https://github.com/KhronosGroup

Khronos Group(クロノス・グループ)について

The Khronos Groupは、さまざまなプラットフォームやデバイス上で並列コンピューティング、グラフィックス、ビジョン、センサー・プロセッシング、ダイナミック・メディアのオーサリング及び高速化を可能とする、オープンな業界標準の仕様策定を行うコンソーシアムです。クロノスが仕様策定する業界標準にはVulkan®、OpenGL®、OpenGL® ES、OpenGL® SC、WebGL™、SPIR-V™、OpenCL™、SYCL™、OpenVX™、NNEF™、COLLADA™、OpenXR™、glTF™などがあります。クロノスの会員は各仕様の策定作業に参画し、一般公開前のさまざまな過程で仕様策定に関する投票を行うことができるほか、仕様のドラフトへのアーリーアクセスならびにコンフォーマンス・テストを通して、自身のプラットフォームやアプリケーション開発の期間短縮や機能強化に役立てることができます。詳細情報はWebサイトで公開されています(www.khronos.org/)。

 

 

###

Vulkan is a registered trademark of The Khronos Group. Khronos, OpenXR, DevU, SPIR, SPIR-V, SYCL, WebGL, WebCL, COLLADA, OpenKODE, OpenVG, OpenVX, EGL, glTF, OpenKCAM, StreamInput, OpenWF, OpenSL ES, NNEF and OpenMAX are trademarks of the Khronos Group Inc. OpenCL is a trademark of Apple Inc. and OpenGL is a registered trademark and the OpenGL ES and OpenGL SC logos are trademarks of Hewlett Packard Enterprise used under license by Khronos. All other product names, trademarks, and/or company names are used solely for identification and belong to their respective owners.

クロノス、VulkanアプリケーションのAppleプラットフォームへのポーティングを実現する、 オープンソースを発表

Valve、LunarG、The Brenwill Workshopは、クロノス・ポータビリティ・イニシアティブがmacOS/iOS向けVulakn 1.0ポータブルのサブセットを定義するオープンソースSDKと、ランタイム・ライブラリ発表のために、クロノスと協力

業界を代表するハードウェア/ソフトウェア企業から構成される、オープン・コンソーシアムのクロノス・グループは(以下、クロノス)は、、Vulkan® ワーキング・グループのポータビリティ・イニシアティブがクロノス会員のValve、LunarG及びThe Brenwill Workshopと協力し、VulkanアプリケーションのAppleプラットフォームへのポーティング実現に取り組んでいることを発表しました。Vulkan ポータビリティのリソースページは、macOS上でのVulkanアプリケーションの開発、とmacOS並びにiOSプラットフォームへの展開を可能とする、無料かつオープンなソースとSDK、ランタイム・ライブラリにリンクされています。ValveはネイティブOpenGLドライバよりも極めて高性能を実現するために、macOS上でのVulkanツールを使用してDota 2の機能を拡張しています。macOSでDota 2をサポートするVulkanは無料アップデート対応で公開される予定です。

ValveのPierre-Loup Griffais氏は、次のようにコメントしています。「私たちは、すでにネイティブOpenGLバージョンよりも早く動作しているDota 2を含むMac上でのVulkanツールを使用して、相当量の制作を行っています。これらの作業はマルチプラットフォームをサポートするあらゆるデベロッパの開発作業の軽減と、ポーティングコストの削減のために行われています」

クロノスのVulkanポータビリティ・イニシアティブは、Metal並びにDirectX 12ドライバ上でネイティブなパフォーマンス・レベルで動作できる、Vulkan 1.0のユニバーサル・ポータブル・サブセットの改良と定義を行っています。本日発表したオープンソースは、The Brenwill WorkshopのMoltenVKライブラリで、これはmacOS並びにiOS上でMetalのアンダーラインにVulkanポータブル・サブセット内のコールをトランスレートするものです。MoltenVKは、Vulkanシェーダをアンダーラインのネイティブ・コード・フォーマットにトランスレートするために、オープンソースのSPIRV-Crossクロス・コンパイラを使用します。MoltenVKは、無償で働いているか商用アプリケーションの出荷にロイヤリティが発生するすべてのデベロッパ向けに無料で使用できるようになっています。

The Brenwill Workshopでプレジデントを務めるBill Hollings氏は、次のようにコメントしています。「私たちは、現代のゲーム・デベロッパが要求するパフォーマンスの改善に取り組みながら、一貫性のあるVulkanベースのAPIをmacOS/iOSに提供するために、MootenVKの開発に全力を尽くしてきました」

また、本日LunarXchange上のmacOS向けのオープンソースであるLunarG Vulkan SDKが発表されました。これは、デベロッパが自身のVulkanアプリケーションの構築、動作及びデバッグをApple Macプラットフォーム上で可能とするものです。LunarG SDK for macOSは、プログラマが正しいAPI使用のためのコードチェックを可能とするローダーやバリデーション・レイヤーを提供しますLunarGは追加ツールや機能を提供するために、macOS SDKの改良を継続する予定です。

NVIDIAのバイスプレジデントでクロノス代表を務めるニール・トレベット(Neil Trevett)は、次のようにコメントしています。「Appleプラットフォーム上でVulkanアプリケーションを動作させるというのは、デベロッパから一番多く寄せられてきた要求であり、本日発表されたMoltekVKランタイム・ライブラリとLunarG macOS SDKは、Vulkanに新たな声明を吹き込むものです。デベロッパはオープンソースであるVulkanポータビリティ・ツールをダウンロード入手いただけるほか、使用後のフィードバックをVulkanエコシステムGitHub経由で、伝えることが可能です。Vulkanポータビリティ・イニシアティブは引き続き、Metal並びにDirextX 12プラットフォームに対して、Vulkanの能力を提供するための基盤やツールを強化し続けます。私たちの長期的なゴールは、ポータブルVulkanコードが、デベロッパが扱うあらゆるプラットフォーム上で実行できる、というものです」

Khronos Group(クロノス・グループ)について

The Khronos Groupは、さまざまなプラットフォームやデバイス上で並列コンピューティング、グラフィックス、ビジョン、センサー・プロセッシング、ダイナミック・メディアのオーサリング及び高速化を可能とする、オープンな業界標準の仕様策定を行うコンソーシアムです。クロノスが仕様策定する業界標準にはVulkan®、OpenGL®、OpenGL® ES、OpenGL® SC、WebGL™、SPIR-V™、OpenCL™、SYCL™、OpenVX™、NNEF™、COLLADA™、OpenXR™、glTF™などがあります。クロノスの会員は各仕様の策定作業に参画し、一般公開前のさまざまな過程で仕様策定に関する投票を行うことができるほか、仕様のドラフトへのアーリーアクセスならびにコンフォーマンス・テストを通して、自身のプラットフォームやアプリケーション開発の期間短縮や機能強化に役立てることができます。詳細情報はWebサイトで公開されています(www.khronos.org/)。

###

Vulkan is a registered trademark of The Khronos Group. Khronos, OpenXR, DevU, SPIR, SPIR-V, SYCL, WebGL, WebCL, COLLADA, OpenKODE, OpenVG, OpenVX, EGL, glTF, OpenKCAM, StreamInput, OpenWF, OpenSL ES, NNEF and OpenMAX are trademarks of the Khronos Group Inc. OpenCL is a trademark of Apple Inc. and OpenGL is a registered trademark and the OpenGL ES and OpenGL SC logos are trademarks of Hewlett Packard Enterprise used under license by Khronos. All other product names, trademarks, and/or company names are used solely for identification and belong to their respective owners.

クロノス、Google Draco技術を使用したglTFジオメトリ圧縮エクステンションを発表

より小サイズの3Dモデルとシーンのダウンロードと高速転送が、アプリケーション、ブラウザ、VRおよびARプラットフォームでの3Dグラフィックスの普及を加速

業界を代表するハードウェア/ソフトウェア企業から構成される、オープン・コンソーシアムのクロノス・グループは(以下、クロノス)は、glTFモデル/シーン・サイズを大幅に縮小するGoogle Draco技術を用いたジオメトリ圧縮エクステンションを、glTF 2.0向けに発表しました。クロノスのglTF Dracoエクステンション仕様は、glTF圧縮ジオメトリをツール、エンジン、アプリケーション、ブラウザなど、さまざまな環境において迅速な採用を可能とするために、Draco GitHubサイト上で最適化されたオープンソース圧縮/非圧縮ライブラリとして公開されます。 

Dracoは、3Dモデルの保存と転送を改善するために、3Dジオメトリ・メッシュの圧縮/非圧縮用にGoogleが開発したオープンソース・ライブラリです。 Dracoは、高い圧縮率、効率、スピード性を想定して設計されています。コードは、頂点位置、接続性情報、テクスチャ座標、色情報、法線、およびジオメトリに関連する、一般的な属性を圧縮します。 Dracoでは視覚的な忠実性を損なうことなく、3Dアプリケーションとアセットを大幅に圧縮することができるため、ユーザーはアプリケーション、シーン、モデルのダウンロード速度が向上し、ブラウザの3Dグラフィックスがより高速に読み込まれ、VRやARシーンが帯域幅の一部を使用して送信できるようになります。

Dracoを用いたglTFエクステンションにより、クリエイターはglTFファイル内のメッシュデータを圧縮し、ファイルサイズを大幅に削減できます。サンプルのglTFモデルでは、最大12倍の圧縮が行われましたが、視覚的な忠実度は変化しませんでした。より小さいglTFファイルは、低速のネットワークであっても、デバイスやアプリケーション間で3Dファイルの可用性が飛躍的に向上します。

Dracoのオープンソース・ライブラリは、Googleが提供する高性能のJavaScriptおよびC ++デコーダを提供しているので、主要なブラウザをはじめアンドロイド、iOS、その他ほとんどのプラットフォームで圧縮ファイルをレンダリングできます。 Dracoエクステンションを使用したglTFエコシステムは急速に成長し、UX3DエンジンやThree、Babylon、Cesiumなどの一般的な3D Webビューアを含むネイティブ3Dエンジンでサポートされることが期待されます。

GoogleのDracoチームは、メッシュ圧縮率、デコーダサイズ、デコード速度を引き続き改善しています。また、将来のglTFエクステンションに含めるための、アニメーションやポイントクラウドの圧縮も調査しています。すでにDraco圧縮glTFオブジェクトを組み込んでいる現在のプロジェクトには、glTFパイプラインFBX2glTFAMD Compressonatorのオープンソース版、three.jsglTFサンプルモデルなどがあります。クロノスは、クリエイターやデベロッパーに対してGitHubのオープンソースのDracoコードを確認し、課題追跡ツールを使用して、成功事例や機能に対する要求を知らせて欲しいと、呼びかけています。

glTF 2.0の詳細はこちら(https://www.khronos.org/gltf/)をご参照ください。また、クロノス・グループについては、Khronos.orgをご覧ください。

Khronos Group(クロノス・グループ)について

The Khronos Groupは、さまざまなプラットフォームやデバイス上で並列コンピューティング、グラフィックス、ビジョン、センサー・プロセッシング、ダイナミック・メディアのオーサリング及び高速化を可能とする、オープンな業界標準の仕様策定を行うコンソーシアムです。クロノスが仕様策定する業界標準にはVulkan®、OpenGL®、OpenGL® ES、OpenGL® SC、WebGL™、SPIR-V™、OpenCL™、SYCL™、OpenVX™、NNEF™、COLLADA™、OpenXR™、glTF™などがあります。クロノスの会員は各仕様の策定作業に参画し、一般公開前のさまざまな過程で仕様策定に関する投票を行うことができるほか、仕様のドラフトへのアーリーアクセスならびにコンフォーマンス・テストを通して、自身のプラットフォームやアプリケーション開発の期間短縮や機能強化に役立てることができます。詳細情報はWebサイトで公開されています(www.khronos.org/)。

###

Vulkan is a registered trademark of The Khronos Group. Khronos, OpenXR, DevU, SPIR, SPIR-V, SYCL, WebGL, WebCL, COLLADA, OpenKODE, OpenVG, OpenVX, EGL, glTF, OpenKCAM, StreamInput, OpenWF, OpenSL ES, NNEF and OpenMAX are trademarks of the Khronos Group Inc. OpenCL is a trademark of Apple Inc. and OpenGL is a registered trademark and the OpenGL ES and OpenGL SC logos are trademarks of Hewlett Packard Enterprise used under license by Khronos. All other product names, trademarks, and/or company names are used solely for identification and belong to their respective owners.

クロノス・グループ、コンフォーマンス・テストをオープンソース化で大幅に強化した、 OpenGL 4.6アドプタープログラムを発表

OpenGL 4.6コンフォーマンス・テストはパブリックGitHubで利用可能であり、インテルとNVIDIAは既にOpenGL 4.6準拠製品を申請済

業界を代表するハードウェア/ソフトウェア企業から構成される、オープン・コンソーシアムのクロノス・グループは(以下、クロノス)は、最新のOpenGL仕様のコンフォーマンス・テストを実行可能な、OpenGL®4.6 アドプタープログラムを発表しました。GitHubのオープンソースで公開され、アドプタープログラムが大幅に強化されたOpenGL 4.6コンフォーマンス・テストは、業界企業各社が継続的なコンフォーマンス・テストの改善に参加可能とするものです。クロノスのアドプタープログラムの情報はこちらをご参照ください(https://www.khronos.org/conformance/adopters/)。

クロノスでOpenGLLワーキングチェアを務める、NVIDIAのプリンシパル・エンジニアのPiers Daniell氏は次のように述べています。「クロノスは、昨年夏にOpenGL誕生25周年を祝う中で、OpenGL 4.6を発表しました。それ以来、膨大な量の作業を伴うコンフォーマンス・テストの強化に取り組んできました。新テストは、APIインプリメンターにとってよりスムーズな導入を可能とするほか、OpenGLの最新イタレーションで行われた信頼できる新機能や改善機能を活用することができます。クロノスのOpenGLワーキンググループは、次の3ヵ月間に向けてOpenGL 4.6標準へのサポート強化をお約束します」

クロノスの会員企業であるインテルとNVIDIAは、既にOpenGL 4.6 アドプタープログラムへのサブミッションが受領され、ベンダー間の信頼性の高い運用を示し、提出された製品を正式に適合させることができました。すべてのOpenGL準拠製品に関する情報は、クロノスのコンフォーマンス・テスト商品製品リストに記載されています。クロノスの会員企業の是非にかかわらず、すべての企業はOpenGL 4.6アドプター認証のために、OpenGLワーキンググループによるコンフォーマンス・テストを申請することができます。テスト認証を受けた企業は、ロイヤリティフリーのOpenGLの商標を使用し、クロノスの知的財産の枠組みの下で保護を受けることができます。

OpenGLワーキンググループとクロノスの会員企業は、OpenGL 4.6のコンフォーマンス・テストの大幅な強化と、テストの透明性を大幅に向上させ、テスト範囲を拡張しました。改善されたテスト機能には、直接アクセス、堅牢性、GLSL、フレームバッファ、レンダバッファオブジェクトなどがあります。 OpenGL 4.6はまた、OpenGL ESとテストソースを共有し、OpenGL 4.6のすべての新機能だけでなく、API全体で使用される多数のARBエクステンション並びにKHRエクステンションを対象としています。

OpenGL 4.6に対する業界サポート

「インテルは、OpenGL 4.6が業界にもたらした重要な進歩をサポートし、最新の第四世代インテル®Core™プロセッサーでOpenGL 4.6が認証されたことを誇りに思います。私たちは、最先端のインテル®プラットフォームでオープンソース・ドライバを提供することに全力を尽くしています」(インテル、オープンソース・テクノロジー・センターのソフトウェア・サービス・グループ担当バイスプレジデント、Imad Sousou氏)

「OpenGLは、最新のグラフィックス機能へのポータブルアクセスを必要とする、プロフェッショナルなお客様にとって不可欠です。 NVIDIAは、新しいOpenGL仕様と拡張機能の開発について、クロノス・グループと緊密に協力し続けています。私たちは、OpenGL 4.6 アドプタープログラムの正式発表を歓迎し、レンダリングの品質、性能、機能性を向上させるために、当社のOpenGL 4.x対応GPU全般に対応したドライバを既に提供しています」(NVIDIAプロフェッショナル・ビジュアライゼーション担当バイスプレジデント、Bob Pette氏)

「クロノスのOpenGLコンフォーマンス・テストのオープンソース化について、クロノスとX.orgの継続的な連絡は、ベンダー主導のオープンソース実装が公式のコンフォーマンス評価を達成できるように継続して行われています。私たちはOpenGL 4.6 アドプタープログラムの正式発表において、拡張された機能が使用可能となったことを大変うれしく思います」(メサ、X.org、およびLinuxカーネルの主要コントリビュータでありデベロッパーでもあるDavid Airlie氏)

OpenGL 4.6について

OpenGLは、ソフトウェアデベロッパがPC、ワークステーション、スーパーコンピュータなどの幅広いプラットフォームで高性能かつ視覚的に魅力的なグラフィックス・ソフトウェア・アプリケーション開発に採用している、最も広く普及した2Dおよび3DグラフィックスAPIです。 OpenGLは、ネットワーク透過性、ウィンドウシステムとオペレーティング・システムに依存しない柔軟性を提供し、CAD、エネルギー、各種製造、ゲーム開発、コンテンツ作成、アーキテクチャ、バーチャルリアリティ、医療市場向けに採用されています。

OpenGLの最新のイタレーションには、SPIR-Vサポート、ドライバオーバーヘッドの削減、Direct3Dとの互換性の強化、テクスチャされたシーンのビジュアル品質の改善、ジオメトリのバッチのレンダリングに伴うCPUオーバーヘッドの削減など、ARBエクステンションによる追加機能が含まれます。 OpenGL 4.6の詳細については、クロノスの OpenGL情報ページをご参照ください。

Khronos Group(クロノス・グループ)について

The Khronos Groupは、さまざまなプラットフォームやデバイス上で並列コンピューティング、グラフィックス、ビジョン、センサー・プロセッシング、ダイナミック・メディアのオーサリング及び高速化を可能とする、オープンな業界標準の仕様策定を行うコンソーシアムです。クロノスが仕様策定する業界標準にはVulkan®、OpenGL®、OpenGL® ES、OpenGL® SC、WebGL™、SPIR-V™、OpenCL™、SYCL™、OpenVX™、NNEF™、COLLADA™、OpenXR™、glTF™などがあります。クロノスの会員は各仕様の策定作業に参画し、一般公開前のさまざまな過程で仕様策定に関する投票を行うことができるほか、仕様のドラフトへのアーリーアクセスならびにコンフォーマンス・テストを通して、自身のプラットフォームやアプリケーション開発の期間短縮や機能強化に役立てることができます。詳細情報はWebサイトで公開されています(www.khronos.org)。

###

Vulkan is a registered trademark of The Khronos Group. Khronos, OpenXR, DevU, SPIR, SPIR-V, SYCL, WebGL, WebCL, COLLADA, OpenKODE, OpenVG, OpenVX, EGL, glTF, OpenKCAM, StreamInput, OpenWF, OpenSL ES, NNEF and OpenMAX are trademarks of the Khronos Group Inc. OpenCL is a trademark of Apple Inc. and OpenGL is a registered trademark and the OpenGL ES and OpenGL SC logos are trademarks of Silicon Graphics International used under license by Khronos. All other product names, trademarks, and/or company names are used solely for identification and belong to their respective owners.

クロノス・グループ、ニューラル・ネットワーク変換用NNEF 1.0を発表

世界有数のハードウェアおよびソフトウェア企業からなるオープン・コンソーシアムのKhronos™ Group(以下、クロノス)は、トレーニング・フレームワークと推論エンジン間の、トレーニング・ニューラルネットワークの普遍的な交換の暫定仕様である、ニューラル・ネットワーク変換フォーマット(NNEF™)1.0を発表しました。NNEFは、ニューラル・ネットワーク・トレーニング・ツールと推論エンジンの豊富な組み合わせを、さまざまなデバイスやプラットフォームのアプリケーションで使用可能とし、マシン学習の展開におけるフラグメンテーションを軽減します。今回、NNEF 1.0を暫定仕様として発表することで、仕様が確定する前に業界からのフィードバックを組み込むことができるほか、クロノスはNNEF GitHubリポジトリでのコメントとフィードバックを歓迎します。

NNEFは、データ科学者とエンジニアがトレーニング・ネットワークを、選択したトレーニング・フレームワークから、さまざまな推論エンジンに簡単に転送可能とすることを目指しています。機器メーカーが信頼し、安定かつ柔軟で拡張可能な標準仕様は、最新機器にニューラル・ネットワークを広範囲に応用させるために重要であり、NNEFには個別のトレーニング・ニューラルネットワークの構造、動作及びパラメータの詳細をカプセル化し、それを生成するために使用されるツールと、それを実行するために使用される推論エンジンが含まれます。

クロノスで、NNEFワークグループのチェアを務めるPeter McGuinness氏は、次のように述べています。「機械学習の分野は、現場で活躍している多くのグループの活力の恩恵を受けていますが、一般的な基準が不足しています。クロノスはこの業界のニーズを受け止め、ニューラル・ネットワークの交換に関するNNEFの普遍的な標準について1年以上活動してきました。これはニューラル・ネットワークにとって、PDFが果たしたのと同等の役割を果たすものでしょう」

NNEFは、Torch、Caffe、TensorFlow、Theano、Chainer、Caffe2、PyTorch、MXNetなどのツールやエンジン間で、確実にエクスポートおよびインポートできるよう設計されています。NNEF 1.0暫定仕様は、豊富な機能セットを備えた、幅広いユースケースとネットワークタイプ、Pythonから構文要素を借用し、正確さを高める要素を追加するスケーラブルな設計に対応しています。NNEFには、高度なネットワーク最適化の機会を提供する、カスタム複合オペレーションの定義が含まれています。将来の作業は、このアーキテクチャを基にして予測可能な方法で構築されるため、NNEFは急速に変化する機械学習の分野を追跡し展開する、安定したプラットフォームを提供することになります。

Khronosは、NNEF構文パーサー/バリデーター、TensorFlowなどのフレームワークからのサンプル・エクスポーターを含む、一連のオープンソース・プロジェクトを開始し、NNEFを独自のワークフローに役立てるための機械学習コミュニティの参加を歓迎します。さらに、NNEFはクロノスのOpenVX™ワーキング・グループと緊密に連携し、NNEFファイルの処理を可能にしています。OpenVX Neural Networkの拡張により、OpenVX 1.2はクロスビジョンの推論エンジンとして機能し、コンピュータビジョンと深い学習の操作を1つのグラフにまとめることができます。

業界からの支援メッセージ

AImotiveで、ハードウェア・エンジニアリング部門責任者を務めるMarton Feher氏

「AImotiveは、新しい標準の旗振り役としてだけでなく、AI ResearchのViktor Gyenesを仕様エディタとする、NNEFの開発と初期展開における重要なプレーヤーであることを誇りに思っています。私たちは、自律運転のためのハードウェアとソフトウェアの両方の技術を早期に採用してきたため、ニューラル・ネットワークの中立交換フォーマットの重要性を十分に認識しています。開発フレームワークの数が増え、実行プラットフォームの範囲が拡大し、多様化するにつれて、ネットワークトポロジーとウェイトをある環境から別の環境に自由に移動する能力は、革新とサプライヤー選択の自由にとって不可欠です」

AMDで、Radeon Technologies Group システム・エンジニアリング部門でCTOを務めるGreg Stoner氏

「ディープ・ラーニングを、研究室からリッチな顧客主導のアプリケーションに移行するにあたり、ディープ・ラーニングの入れ替えソリューションを推進する立場として、クロノス・グループがNNEF仕様を発表し、OpenVX上に構築されたトレーニング・フレームワークと推論エンジン間のニューラル・ネットワークを、容易に動かすことができることを嬉しく思っています」

ArmでMachine Learningソフトウェア担当技術ディレクターを務めるRobert Elliott氏

「ニューラル・ネットワーク・モデル交換のためのフォーマットの標準化は、さまざまなフレームワーク、ツール、推論エンジン間のネットワークと演算子の移植性と最適化を改善するための、重要なステップです。Armは、NNEFの開発をサポートし、フレームワークとツール開発者がARM®エコシステムで利用可能な幅広いプロセッサとアクセラレータで実行および検証されるモデルを作成できるようにします」

Qualcomm Technologiesで技術担当バイス・プレジデントを務めるJeff Gehlhaar氏

「ニューラル・ネットワーク処理が、クラウドからモバイル機器や最新機器に移行するにつれて、これらのモデルの統一された表現の必要性が増すと共に、Qualcomm Technologiesといった企業各社がこれらをデバイス上で実行するための最適なプラットフォームの提供に注力するようになります。クロノスの会員として、Qualcomm Technologiesは、統合がこの分野での成長に寄与し、クラウドからデバイスのマイグレーションが主流となる、クロノスのニューラル・ネットワーク変換といったニューラル・ネットワーク・モデルを支援します」

VeriSiliconで、最高戦略責任者、シニア・バイス・プレジデント兼知的財産部門Gmを務めるWeijin Dai氏

「NNEFとOpenVXの統合により、OpenVX対応のGPUであるVision and Neural Netの処理IP上で、幅広いトレーニング・フレームワークからニューラル・ネットワークを導入するための迅速なパスが実現します。すべてのパフォーマンス層で専用のVeriSilicon IP用に最適化された共通の交換フォーマットと、ランタイムの推論を使用することで、顧客は選択したトレーニング・フレームワークに関係なく、瞬時に最適なパフォーマンスを達成できます」

NNEF 1.0のドキュメンテーション・プロジェクトと仕様は、Khronosレジストリで入手いただけます。NNEFのオープンソースツールとプロジェクトは、Khronos NNEF Toolsリポジトリにあります。視覚の加速と推論のためのOpenVXランタイムAPIの詳細は、こちらをご参照ください。

また、NNEFがフラット・オペレーションと複合オペレーションを処理するための柔軟性を提供する方法の詳細については、こちらをご参照ください。

https://www.khronos.org/blog/nnef-design-philosophy-network-structure-and-target-use-cases

クロノス・グループの詳細は、Khronos.orgをご覧ください。

Khronos Group(クロノス・グループ)について

The Khronos Groupは、さまざまなプラットフォームやデバイス上で並列コンピューティング、グラフィックス、ビジョン、センサー・プロセッシング、ダイナミック・メディアのオーサリング及び高速化を可能とする、オープンな業界標準の仕様策定を行うコンソーシアムです。クロノスが仕様策定する業界標準にはVulkan®, OpenGL®, OpenGL® ES, OpenGL® SC, WebGL™, SPIR-V™, OpenCL™, SYCL™, OpenVX™, NNEF™, COLLADA™, OpenXR™, glTF™などがあります。クロノスの会員は各仕様の策定作業に参画し、一般公開前のさまざまな過程で仕様策定に関する投票を行うことができるほか、仕様のドラフトへのアーリーアクセスならびにコンフォーマンス・テストを通して、自身のプラットフォームやアプリケーション開発の期間短縮や機能強化に役立てることができます。詳細情報はWebサイトで公開されています(www.khronos.org)。

###

Vulkan is a registered trademark of The Khronos Group. Khronos, OpenXR, DevU, SPIR, SPIR-V, SYCL, WebGL, WebCL, COLLADA, OpenKODE, OpenVG, OpenVX, EGL, glTF, OpenKCAM, StreamInput, OpenWF, OpenSL ES, NNEF and OpenMAX are trademarks of the Khronos Group Inc. OpenCL is a trademark of Apple Inc. and OpenGL is a registered trademark and the OpenGL ES and OpenGL SC logos are trademarks of Silicon Graphics International used under license by Khronos. All other product names, trademarks, and/or company names are used solely for identification and belong to their respective owners.

クロノス・グループ、SYCL 1.2.1を発表

機械学習、TensorFlowアクセラレーション、C ++ 17アライメントのサポートを強化

世界有数のハードウェアおよびソフトウェア企業からなるオープン・コンソーシアムのKhronos™ Group(以下、クロノス)は、SYCL™1.2.1仕様を承認し、公開したと発表しました。 OpenCL™対応SYCLは、標準的な最新C ++を使用して、ヘテロジニアスなプロセッサ用コードを「シングルソース」スタイルで記述可能とします。マルチベンダー対応のSYCL 1.2.1は、どなたでも無償で使用できます。SYCLオープンソース・コンフォーマンス・テストおよびアドプター・プログラムに関する詳細は、www.khronos.org/syclをご参照ください。

OpenCL 1.2に基づくSYCL 1.2.1は、クロノスの会員企業が2年半にわたって取り組んだ、重要な更新作業です。新しい仕様には、3つの個別の実装から得られた重要な経験と、TensorFlowなどの機械学習フレームワークの開発者からのフィードバックが組み込まれています。これは、元のCUDAアクセラレータ・バックエンドと同時にSYCLをサポートします。

クロノスで、SYCLワーキング・グループのチェアを務めるMichael Wong氏は次のように述べています。「これはSYCLの重要なバージョンアップです。機械学習をサポートし、現代のC ++に対応する意思と一致する拡張されたエコシステムを備えています。 SYCLは、ヘテロジニアスなサポートに向けてC ++の推進を引き続き支援しています。私たちは、機械学習と安全クリティカルサポートを重視し、将来のISO C ++との継続的な連携を重視する、SYCLロードマップを迅速に進めることを目的としています」

SYCLシングル・ソース・プログラミングは、アプリケーションのホストコードとカーネルコードを同じソースファイルに、型安全な方法で、クロスプラットフォームの非同期タスク・グラフの単純さで含めることができます。 SYCLには、テンプレートと汎用のラムダ関数が含まれており、より高度なアプリケーションソフトウェアを幅広い範囲において、OpenCL 1.2で最適化されたカーネルコードでコーディングすることができます。開発者は、OpenCL CまたはC ++よりも高いレベルでプログラムを作成できますが、OpenCL、C / C ++ライブラリ、OpenCV™やOpenMP™などのフレームワークとのシームレスな統合により、常に低レベルのコードにアクセスできます。

SYCLは、最新C ++用の極めて汎用的なドメイン固有の埋め込み言語(DSEL)ですが、OpenCLインプリメンテーションとの独自の相互運用性により、開発者は既存のOpenCL C / C ++やビルトイン・カーネルで簡単にプログラムすることができます。 SYCLは、Khronos cl2.hpp C ++ラッパーを置き換えて、非同期タスク・グラフなどのSYCLの概念を有効にし、プログラマーが面倒なホスト・デバイス転送コード作成作業を軽減することができます。さらに、SYCLは、単純なエラー処理と、ホストとデバイス間の効率的な計算と通信のオーバーラップを提供します。

OpenCLとの相互運用性だけでなく、SYCLはOpenGL®、Vulkan®、OpenVX™、DirectXをはじめ、企業各社のAPIとも、メモリコピーのオーバーヘッドなしで相互運用可能です。 SYCL 1.2.1は、様々なハードウェアベンダーのOpenCL 1.2インプリメンテーションで、さまざまな既存のC ++コンパイラやレイヤーと連携して動作するように実装できます。 SYCLは、Khronos SPIR™1.2ポータブル・バイナリ・フォーマットをベースにしており、OpenCL 2.2、SPIR-V™、Vulkanなど、将来のOpenCL機能を長期的にサポートする目的で、Khronos OpenCLおよびSPIRワーキング・グループによる継続的な作業を活用しています。

SYCL 1.2.1はC ++ 11の機能をベースにしており、C ++ 14とC ++ 17を追加サポートしているため、ISO C ++ 17の並列STLプログラムをOpenCLデバイスで高速化できます。この取り組みをサポートするために、Khronosは、OpenCLデバイス上で動作するSYCL上でParallel STLをサポートする、オープンソースプロジェクトを支援しています。このプロジェクトは、https://github.com/KhronosGroup/SyclParallelSTLで行われています。SYCLは、単一ソースの最新のC ++の能力をOpenCLとSPIRの世界に提供しますが、KhronosのVulkan、OpenVX、NNEF、ISO C ++(SG1、SG6、SG12、SG14)などの他の標準とのコンバージェンスも準備します。

SYCL.techは、SYCLの方向性と開発に関するコミュニティのフィードバックをより多く提供し、開発におけるプロジェクトの共有を可能にし、標準の進捗状況を更新するためのWebフォーラムです。 SYCLエコシステムは、今年ComputeCPPTriSYCLを含む複数の実装により、2017年はまず増すその影響力を高めています。

SYCL 1.2.1に対する業界サポート

ザイリンクスのプリンシパルソフトウェアエンジニアで、SYCL仕様のエディタをはじめ、SO C ++委員のメンバー、オープンソースのSYCL実装であるtriSYCLのテクニカルリーダーを務めるRonan Keryell氏は、次のように述べています。「SYCLは、ヘテロジニアスなコンピューティングを採用する新しいシステムレベルの方法を、組み込み世界にもたらします。 MPSoCチップは、CPU、GPU、FPGA、特定のアクセラレータを同じチップ上に搭載した、大規模な複雑なシステムであり、ソフトウェアエンジニアを真の課題としています。 SYCLを使用すると、単一ソースのC ++ 17プログラミングが、ホストとアクセラレータの両方の世界を統一し、プログラミングをよりスムーズかつより一般的なものにすることができます。これにより、既存のテンプレート化されたC ++ライブラリとフレームワーク(Eigen、TensorFlow)の移植可能な展開が可能です」 

SYCLを実装したComputeCppの開発者で、CodeplayのCEOを務めるAndrew Richards氏は、次のように述べています。「SYCL仕様の公開以降、特に機械学習ではSYCLの使用が多く見られましたが、C ++ 17とParallel STLのリリースでISO C ++の開発がさらに進んでいます。 SYCLを、このようなすべての経験で更新できることは素晴らしいことです。これにより、C ++開発者は、GPU、FPGA、およびさまざまな新しい機械学習アクセラレータをより簡単に使用できるようになります。 SYCLと標準C ++をサポートしています」

Khronos Group(クロノス・グループ)について

The Khronos Groupは、さまざまなプラットフォームやデバイス上で並列コンピューティング、グラフィックス、ビジョン、センサー・プロセッシング、ダイナミック・メディアのオーサリング及び高速化を可能とする、オープンな業界標準の仕様策定を行うコンソーシアムです。クロノスが仕様策定する業界標準にはVulkan®, OpenGL®, OpenGL® ES, OpenGL® SC, WebGL™, SPIR-V™, OpenCL™, SYCL™, OpenVX™, NNEF™, COLLADA™, OpenXR™, glTF™などがあります。クロノスの会員は各仕様の策定作業に参画し、一般公開前のさまざまな過程で仕様策定に関する投票を行うことができるほか、仕様のドラフトへのアーリーアクセスならびにコンフォーマンス・テストを通して、

###

Vulkan is a registered trademark of The Khronos Group. Khronos, OpenXR, DevU, SPIR, SPIR-V, SYCL, WebGL, WebCL, COLLADA, OpenKODE, OpenVG, OpenVX, EGL, glTF, OpenKCAM, StreamInput, OpenWF, OpenSL ES, NNEF and OpenMAX are trademarks of the Khronos Group Inc. OpenCL is a trademark of Apple Inc. and OpenGL is a registered trademark and the OpenGL ES and OpenGL SC logos are trademarks of Silicon Graphics International used under license by Khronos. All other product names, trademarks, and/or company names are used solely for identification and belong to their respective owners.

クロノス・グループ、OpenVX アドプター・プログラム最新版を発表

2017年11月21日(米国時間)、世界有数のハードウェアおよびソフトウェア企業からなるオープン・コンソーシアムのKhronos™ Group(以下、クロノス)は、コンピュータ・ビジョン・アプリケーションおよびライブラリの高速化に対応する、オープンでクロス・プラットフォームなロイヤリティ・フリーのOpenVX™向けのアドプター・プログラム最新版を発表しました。新アドプター・プログラムには、OpenVX 1.2の最新のアイタレーションに関する適合性(コンフォーマンス)テストが含まれています。

Cadence Design Systemsの設計エンジニアリング・アーキテクトで、クロノスOpenVXワーキング・グループのチェアを務める、フランク・ブリル(Frank Brill)氏は、次のようにコメントしています。 「今回のOpenVX アドプター・プログラムは、コンピュータ・ビジョン・アプリケーションが増え続ける中、新しいニューラル・ネットワークやインポート/エクスポートの拡張機能を含む、OpenVX 1.2の拡張機能をテストしたいデベロッパにとって貴重なリソースとなるでしょう。OpenVX アドプター・プログラムとワーキング・グループが開発した適合性テストの強化により、2018年に最初のOpenVX 1.2準拠の実装が可能になると期待しています。」

最新のOpenVX アドプター・プログラムには、適合性テストの新バージョンと、それらのテストを実行してワーキング・グループ・レビューの結果を提出するプロセスが含まれます。これらのテストに合格すると、アダプターはOpenVXに準拠した製品に認証ラベルを使用でき、実装に関連してロイヤリティを払うことなくOpenVXの名前とロゴのライセンス使用が可能です。これによって、KhronosのIPフレームワークの保護と、クロノスのマーケティング活動の恩恵を受けることができます。クロノスのアドプター・プログラムの詳細は、こちらをご参照ください。

クロノスで代表を務めるニール・トレベット(Neil Trevett)は、次のようにコメントしています。「クロノスの適合性テストは、クロノス標準の完全性を保護するうえで非常に重要であり、Vulkan®、OpenGL®、OpenGL® ESなど、数多くの公開されたAPIとベンダー間の一貫性を保証しています。OpenVXの新アドプター・プログラムと適合性テストは、この重要な標準がさまざまなプラットフォームで一貫して採用され続けていることを保証する上で重要な役割を果たし、これによって移植可能な高度なビジョン・アプリケーションを業界全体に展開することができます。」

クロノスとOpenVXワーキング・グループは、OpenVX 1.2適合性テストの開発に関して、MulticoreWareと契約を締結しています。

OpenVX 1.2について

OpenVXは、ビジョン・アプリケーションをあらゆるシリコン・アクセラレーション・アーキテクチャ上で効率的に動作するように最適化できる、接続された操作のグラフとして表現することを可能にします。 2017年5月に発表されたOpenVX 1.2は、顔・体・ジェスチャのトラッキングや高度な映像監視、自動運転支援システム、目視検査、ロボティクス等のコンピュータ・ビジョン・アプリケーションなど、幅広い視覚アプリケーションに役立つグラフ並びにオペレータの機能を拡張しています。

特に、デベロッパはOpenVX 1.2の新しい機能検出と分類操作を利用して、オブジェクトの検出と認識を改善し、ノードの条件付き実行の拡張や、OpenVXグラフ内の式の拡張と柔軟性を強化することができます。 OpenVX 1.2は、グラフノードを使用してテンソル・オブジェクトによって接続された、さまざまなタイプの一般的なネットワークレイヤを表現することにより、ニューラルネット・ワーク・ベースの推論の低電力化を可能にするニューラル・ネットワーク拡張など、その他の重要な新機能を提供します。

OpenVXの仕様とアドプター・プログラムの詳細は、www.khronos.org/openvx をご参照ください。

Khronos Group(クロノス・グループ)について

The Khronos Groupは、さまざまなプラットフォームやデバイス上で並列コンピューティング、グラフィックス、ビジョン、センサー・プロセッシング、ダイナミック・メディアのオーサリング及び高速化を可能とする、オープンな業界標準の仕様策定を行うコンソーシアムです。クロノスが仕様策定する業界標準にはVulkan®, OpenGL®, OpenGL® ES, OpenGL® SC, WebGL™, SPIR-V™, OpenCL™, SYCL™, OpenVX™, NNEF™, COLLADA™, OpenXR™, glTF™などがあります。クロノスの会員は各仕様の策定作業に参画し、一般公開前のさまざまな過程で仕様策定に関する投票を行うことができるほか、仕様のドラフトへのアーリーアクセスならびにコンフォーマンス・テストを通して、自身のプラットフォームやアプリケーション開発の期間短縮や機能強化に役立てることができます。詳細情報はWebサイトで公開されています(www.khronos.org)。

###

Vulkan is a registered trademark of The Khronos Group. Khronos, OpenXR, DevU, SPIR, SPIR-V, SYCL, WebGL, WebCL, COLLADA, OpenKODE, OpenVG, OpenVX, EGL, glTF, OpenKCAM, StreamInput, OpenWF, OpenSL ES, NNEF and OpenMAX are trademarks of the Khronos Group Inc. OpenCL is a trademark of Apple Inc. and OpenGL is a registered trademark and the OpenGL ES and OpenGL SC logos are trademarks of Silicon Graphics International used under license by Khronos. All other product names, trademarks, and/or company names are used solely for identification and belong to their respective owners.

クロノス、オープンなスタンダード策定作業に、業界から幅広く参画可能な、新会員資格を発表

小規模な企業向け賛助会員資格を改訂し、新たに非営利団体向け会員資格を追加

2017年8月30日(米国時間) – オレゴン州ビーバートン— 業界を代表するハードウェア/ソフトウェア企業から構成される、オープン・コンソーシアムのクロノス・グループは(以下、クロノス)は、会員資格の改訂を発表しました。クロノスの役員会は、新たに非営利団体向け会員資格の設立と、賛助会員資格の改訂を承認しました。これは、より小規模な企業の参画を容易にし、クロノス・グループに関わるあらゆる産業分野の企業や非営利団体が、幅広く参画可能とするものです。

クロノスで代表を務める、ニール・トレベットは次のコメントを発表しています。「会員企業はクロノスにとって、産業による、産業のためのシリコン・アクセラレーション標準を策定するという、私たちのミッションを支える重要な要素です。今回、中小規模の企業参加を容易にすると共に、非営利団体向けの新参加資格を発表でき、大変うれしく思います。これによって、業界の優れたアイディアや革新的な企業が、今まで以上にクロノスに加わることが可能となります。クロノスの会員企業は、自身の事業にとって重要な業界標準仕様の定義や策定作業に参画することができるのです。」

クロノスのワーキング・グループは、デスクトップから組み込み、セーフティ・クリティカルな機器に至る、さまざまなプラットフォーム上のグラフィックス、並列コンピューティング、ビジョン及びニューラル・ネットワーク処理に使用する、オープンでクロス・プラットフォームな標準仕様の策定を行なっています。 Vulkan® , OpenGL®, OpenGL® ES, WebGL™, glTF™, OpenCL™, OpenVX™をはじめとする、クロノスが策定した多くの業界標準は、現在幅広く使用されています。クロノスの会員資格は、ワーキング・グループ活動への関与をはじめ、ドラフト仕様へのアーリー・アクセス、仕様準拠製品の各種プロモーションならびに、会員企業同士や業界におけるネットワーク構築といった恩恵をご提供します。

賛助会員(アソシエイト・メンバー)の新資格は、従業員100名までの企業に、会費負担の低減をもたらします。新資格は、年会費を3,500米ドルとし、100名までの従業員ひとりあたり年会費175米ドルの合計としました。これによって、企業規模に応じた柔軟な会費で会員になることができます。また、非営利団体向け会員資格は、年会費7,500ドルとしました。

賛助及び非営利団体向け資格は、アカデミック会員資格と同様に、ワーキング・グループへの参加を可能としますが、仕様策定に関する投票権を有しません。他の会員資格の年会費に変更はなく、プロモーターは75,000米ドル、コントリビュータは1,8000米ドル、アカデミックは1,000米ドルとなっています。コントリビュータ会員は、ワーキング・グループの仕様策定に関する投票権を有します。

クロノス会員資格の詳細並びに恩恵については、こちらをご参照ください(www.khronos.org/members/)。

現在のクロノス会員企業一覧はこちらをご参照ください(www.khronos.org/members/list)。

クロノスに関する詳細情報は、Khronos.orgをご参照ください。

Khronos Group(クロノス・グループ)について

The Khronos Groupは、さまざまなプラットフォームやデバイス上で並列コンピューティング、グラフィックス、ビジョン、センサー・プロセッシング、ダイナミック・メディアのオーサリング及び高速化を可能とする、オープンな業界標準の仕様策定を行うコンソーシアムです。クロノスが仕様策定する業界標準にはVulkan®、OpenGL®、OpenGL® ES、OpenGL® SC、WebGL™、SPIR-V™、OpenCL™、SYCL™、OpenVX™、NNEF™、COLLADA™、OpenXR™、glTF™などがあります。クロノスの会員は各仕様の策定作業に参画し、一般公開前のさまざまな過程で仕様策定に関する投票を行うことができるほか、仕様のドラフトへのアーリーアクセスならびにコンフォーマンス・テストを通して、自身のプラットフォームやアプリケーション開発の期間短縮や機能強化に役立てることができます。詳細情報はWebサイトで公開されています(www.khronos.org)。

###

Vulkan is a registered trademark of The Khronos Group. Khronos, OpenXR, DevU, SPIR, SPIR-V, SYCL, WebGL, WebCL, COLLADA, OpenKODE, OpenVG, OpenVX, EGL, glTF, OpenKCAM, StreamInput, OpenWF, OpenSL ES, NNEF and OpenMAX are trademarks of the Khronos Group Inc. OpenCL is a trademark of Apple Inc. and OpenGL is a registered trademark and the OpenGL ES and OpenGL SC logos are trademarks of Silicon Graphics International used under license by Khronos. All other product names, trademarks, and/or company names are used solely for identification and belong to their respective owners.

クロノス・グループ、SPIR-V機能を搭載した「OpenGL® 4.6」を発表

今年で25周年を迎えるOpenGLは、バージョン4.6のコア仕様に11のARB/EXT拡張を追加

業界を代表するハードウェア/ソフトウェア企業から構成される、オープン・コンソーシアムのクロノス・グループは(以下、クロノス)は、SIGGRAPH 2017にて「OpenGL®4.6」を発表しました。 OpenGL 4.6は、クロノスの会員企業であるAMD、Intel、NVIDIAによって作成されたARBおよびEXT拡張機能を、SPIR-V™シェーダを取り込む機能を含むコアに統合しています。SPIR-Vは、クロノスが仕様策定した並列計算およびグラフィックスの中間言語であり、コンテンツ制作者はシェーダのオーサリングおよび管理パイプラインを簡素化し、ソース・シェーディング言語の柔軟性を大幅に高めることができます。OpenGL 4.6では、コア仕様にSPIR-Vシェーダを取り込むためのサポートが追加されており、SPIR-VシェーダがOpenGL実装で広くサポートされることが保証されています。

クロノスは、OpenGL 4.6をhttps://khronos.org/registry/OpenGL/index_gl.phpで公開しています。GLSLからSPIR-VまでのコンパイラglslangはGLSL 4.60で更新され、https://github.com/KhronosGroup/glslangで入手可能です。また、クロノスに詳細については、www.khronos.orgをご覧ください。

OpenGL 4.6の主な新機能

OpenGL 4.6には、次のARB拡張機能がOpenGLのコア仕様に追加されています。

  • Open GLのSPIR-Vサポートを標準化する、GL_ARB_gl_spirv及びGL_ARB_spirv_extensions
  • ジオメトリ・バッチ・レンダリングに関連するCPUオーバーヘッドを削減、GL_ARB_indirect_parameters及びGL_ARB_shader_draw_parameters
  • Direct3Dで利用可能な機能へのOpenGLサポートを標準化する、GL_ARB_pipeline_statistics_query及びGL_ARB_transform_feedback_overflow_query
  • テクスチャ・シーンのビジュアル品質を改善するために、以前にIPに妨げられた機能をOpenGLにもたらす、GL_EXT_texture_filter_anisotropicに基づいたGL_ART_texture_filter_anisotropic
  • レンダリング・シャドーに関係がある、「ライトリーク」と呼ばれる共通のビジュアル・アーティファクトを抑制する、GL_EXT_polygon_offset_clampに基づいたGL_ARB_polygon_offset_clamp
  • 機能とパフォーマンス向上のために、すべてのデスクトップベンダーがサポートするシェーダ組み込み関数を追加する、GL_ARB_shader_atomic_counter_ops及びGL_ARB_shader_group_vote
  • エラーが生成されないように、アプリケーションでエラーフリー操作であることをアプリケーションに示すことで、ドライバのオーバーヘッドを削減する、GL_KHR_no_error

OpenGL 4.6の主な新拡張機能

OpenGL 4.6に追加された上記の新機能に加えて、次の新機能が拡張されました。

  • 複数のシェーダのコンパイル・スレッドを起動し、シェーダのコンパイル・スループットを向上できる、GL_KHR_parallel_shader_compile
  • GL_KHR_no_error拡張をサポートするWGLまたはGLXで作成されるエラーコンテキストを認めない、WGL_ARB_create_context_no_error及びGXL_ARB_create_context_no_error

クロノスで、OpenGLワーキング・グループのチェアを務めるPiers Daniellは、こうコメントしています。「今までにない最も機能豊かなバージョンとなったOpenGL 4.6の公開を誇りに思います。私たちは、最も一般的で広くサポートされている拡張機能を新しいコア仕様にまとめ、OpenGLデベロッパーとエンドユーザー向けにベースライン機能を強化しました。たとえば、テクスチャの異方性フィルタリングと、ポリゴンのオフセット・クランピングをコア仕様に取り入れて、広範な実装と使用を可能にする以前の知的財産の障害の解決が含まれます。また、OpenGLワーキング・グループは、市場のニーズに応え続け、GPUベンダーと協力して、OpenGLをあらゆる重要な業界のすべての顧客およびユーザーにとって、実行可能で進化し続けるグラフィックスAPIとしての地位を確かなものにします」

洗練されたグラフィックス・アプリケーションは、VulkanとDirect3Dとの相互運用性を実現するために、OpenGLとOpenGL ESの両方で新たに公開された、拡張機能の恩恵を受けることが可能です。これらの拡張子は次のとおりで、https://khronos.org/registry/OpenGL/index_gl.phpで公開されています。

  • GL_EXT_memory_object
  • GL_EXT_memory_object_fd
  • GL_EXT_memory_object_win32
  • GL_EXT_semaphore
  • GL_EXT_semaphore_fd
  • GL_EXT_semaphore_win32
  • GL_EXT_win32_keyed_mutex

OpenGL 4.6に対する業界のコメント

NVIDIA、プロフェッショナル・グラフィックス担当バイス・プレジデントBob Pette氏

「OpenGL 4.6では、当社のフルレンジのOpenGL 4.x対応GPUで利用可能な一連のコア機能が強化されています。これらの機能は、レンダリングの品質、パフォーマンス、機能性を向上させます。グラフィックス業界で最も人気のあるAPIとして、OpenGLを完全にサポートしており、新しいOpenGL仕様の開発と顧客向けの拡張についてクロノス・グループと密接に協力していきます。 IpenGL 4.6公開に合わせてNVIDIAは本日、OpenGL 4.6ドライバのベータ版をhttps://developer.nvidia.com/opengl-driverで公開しました。デベロッパーはこれらの新機能をすぐに使用することが可能です」

Red Hat、シニア・プリンシパル・エンジニアDavid Airlie氏

「OpenGL 4.6は、Mesaプロジェクト準拠のコンフォーマントなオープンソース実装が、公開後の適切な期間を費やして成果を上げることができる、最初のOpenGLとなりました。OpenGLのコンフォーマンス・テストのオープンソースと、クロノスならびにX.orgとの間の継続的な作業により、非ベンダー主導型のオープンソース実装が近い将来、その適合性を達成できるようになるでしょう」

OpenGLについて

OpenGL®は、業界で最も広く採用されている2Dおよび3DグラフィックスAPIであり、数多くのアプリケーションを幅広いコンピュータ・プラットフォームに提供します。ウィンドウ・システムとオペレーティング・システムから独立しているほか、ネットワーク・トランスペアレントでもあります。 OpenGLは、CAD、コンテンツ作成、エネルギー、エンターテイメント、ゲーム開発、製造、医療、バーチャル・リアリティなどの市場において、PC、ワークステーション、スーパー・コンピュータ・ハードウェア用ソフトウェアのデベロッパーが、高性能かつ視覚的に魅力的なグラフィックス・ソフトウェア・アプリケーションの制作を可能とします。 OpenGLは、最新のグラフィックス・ハードウェアの機能を包括的に解き放ちます。

Khronos Group(クロノス・グループ)について

The Khronos Groupは、さまざまなプラットフォームやデバイス上で並列コンピューティング、グラフィックス、ビジョン、センサー・プロセッシング、ダイナミック・メディアのオーサリング及び高速化を可能とする、オープンな業界標準の仕様策定を行うコンソーシアムです。クロノスが仕様策定する業界標準にはVulkan®、OpenGL®、OpenGL® ES、OpenGL® SC、WebGL™、SPIR-V™、OpenCL™、SYCL™、OpenVX™、NNEF™、COLLADA™、OpenXR™、glTF™などがあります。クロノスの会員は各仕様の策定作業に参画し、一般公開前のさまざまな過程で仕様策定に関する投票を行うことができるほか、仕様のドラフトへのアーリーアクセスならびにコンフォーマンス・テストを通して、自身のプラットフォームやアプリケーション開発の期間短縮や機能強化に役立てることができます。詳細情報はWebサイトで公開されています(www.khronos.org)。

###

Vulkan is a registered trademark of The Khronos Group. Khronos, OpenXR, DevU, SPIR, SPIR-V, SYCL, WebGL, WebCL, COLLADA, OpenKODE, OpenVG, OpenVX, EGL, glTF, OpenKCAM, StreamInput, OpenWF, OpenSL ES, NNEF and OpenMAX are trademarks of the Khronos Group Inc. OpenCL is a trademark of Apple Inc. and OpenGL is a registered trademark and the OpenGL ES and OpenGL SC logos are trademarks of Silicon Graphics International used under license by Khronos. All other product names, trademarks, and/or company names are used solely for identification and belong to their respective owners.